潜在能力クンダリーニエネルギー

ヨガ

クンダリーニエネルギーはシャクティとも呼ばれ、人間が本来持っている眠っている潜在能力。

シャクティは物質の世界(アストラルの世界、カラーナの世界)を造り出す、自然界の宇宙を造り出す根源的な力、物の力。

まだなにもなかった無の状態から宇宙を造り出し、太陽を造り、他の星を造り、地球を造り、自然や生命体を造り出した、顕現させるエネルギーといえます。

その美しいエネルギーをこの宇宙にあるすべてのものが持っていて、にんげんも本来はそのエネルギーを持っているのです。

 

クンダリーニヨガはあまりにパワフル過ぎてインド国内でも長く封印されてきたそうですが、それも納得!

プルシャ(精神のエネルギー)がムーラプラクリティ(シャクティに対応する原物質)に入ったその瞬間が宇宙のビッグバーンの始まり、という説もあります。

にんげんに扱える力を超えた神(宇宙)のエネルギーと思われていたんですね。

 

でも、すべての人間が本来は持っているんです。

なぜ眠ってしまったんでしょ?
それを取り戻していくことこそ本来の姿なのでは?

 

クンダリーニシャクティってどんなエネルギー?

 

クンダリーニヨガをすると性的な魅力が増して異性からモテる!
なんて話もありますが、クンダリーニの先生からもそう言われました。

とても美しいインド人の女性なのですが、自分でわたしモテますアピール。笑

にも聞こえて可愛いなと思ってしまいましたが、それも実は納得なんです。

 

肉体レベル(物理的次元)では、クンダリーニエネルギーとセクシュアルエネルギーは同じもの。

 

クンダリーニの住処は第1チャクラと言われています。

この世界に存在するベース、根源。

繁栄、本能、始まりのチャクラ。

特に女性は生理の周期でも子孫を残すためにホルモンのバランスが変わり魅力を増すそうですが、そのすべての根源であるエネルギーです。

第1チャクラに働きかけることでクンダリーニを目覚めさせます。

 

次に開化させていく、第2チャクラは生殖器を司ります。

第2チャクラを目覚めさせて十分に使えるようになったそのクンダリーニエネルギーを、精神のエネルギーとして上昇させていくのがクンダリーニヨガの目的です。

 

アメリカにクンダリーニヨガが広まったときには、若者が必要な知識を持たずにクンダリーニヨガをして性欲が高まり問題が起きた。

なんて話もあるそうですが、第2チャクラは滞っているときも、活性化し過ぎたときも性に溺れやすくなります。

そういった意味でも修行者たちは性欲を絶ちます。

せっかく創り出した神聖なエネルギーをSEXという低い次元での動物的本能に使うよりも、精神を高めていくための必要なエネルギーとして利用していくという考え方です。

 

第2チャクラはすべての感情、カルマの溜まっている場所でもあり、
ベースチャクラと共にとても重要なポイントである分、実は注意点がとても多いんです。

 

クンダリーニヨガでは安全のために第6チャクラから活性化させていきます。

必要な知恵と知識、インスピレーションで正しい道に導かれるように。

低いチャクラからの、無意識の行動・性欲・過去の感情・カルマなんかが出てきたときにそこに堕ちていかないように。

マインドをコントロールする力を目覚めさせます。

 

第7チャクラはすでにすべての人が開いているので、特に修行はしません。

第3・第4・第5と開化させていき、第6チャクラまでクンダリーニが昇ったときに、第7チャクラへの昇華のさせ方が自然に分かると言われています。

 

眠りのクンダリーニ

 

クンダリーニは目覚めと睡眠を繰り返します。

目覚めさせたエネルギーを上昇させていくのですが、修行者は1日も休むことなく練習を続けます。

練習を休むとクンダリーニはまた下降していってしまうからです。

短い時間でもいいから、毎日続けなければいけません。

そんなクンダリーニがココまで上昇するとソコからは下降しないポイントがあります。

それが第3チャクラです。

太陽神経叢、太陽のエネルギーでパワフルな熱を作り出します。

ちょうど気球と同じ原理のように熱が気流の上昇を生んで、クンダリーニはそこよりも上のチャクラに留まります。

 

クンダリーニの住処が第1チャクラといわれているというのは、前世で修行をしていたりして、すでに第3チャクラよりも上にいる人はその場所からのスタートになります。

いわば、来世まで持っていくことのできる唯一のもの。

【魂】の成長レベルのひとつの重要なバロメーター・鍵となるわけです。

輪廻転生が浸透しているインドで、世界中から集まってきた修行者たちが、生涯をかけて何よりも追い求めるのは当然といえます。

 

クンダリーニが目覚めて、その潜在能力を発揮している人は画家・ミュージシャン・ダンサー・詩人など広い分野で、感性を活かしたお仕事で活躍している人に多いと言われています。

第3チャクラを超えて高い位置にあるチャクラでクンダリーニエネルギーが働いている人たちといえます。

 

第7チャクラはシヴァとも呼ばれ、
シヴァとシャクティの統合がクンダリーニヨガの最終目的です。

悟り、覚醒、統合とも表現されます。

脳の使われていない残り9割の部分・スシュムナ(エネルギーチャンネル)も目覚め、からだの機能も変化し、すべてを超越します。

眠っている、本来の状態よりも退化してしまっている現在のにんげんの進化段階を超えて、本来の姿に返るということだと思います。

 

ある程度の修行レベルまで到達したヨギは、今の肉体が古くなったとき、さらなる魂の修行のために自ら体を離れて次の人生に行くことができるそうです。

 

クンダリーニを目覚めさせる方法

 

  • 誕生と共に
  • マントラ
  • タパスヤ 断食など
    (メンタル、感情、悪い習慣などを燃やす浄化)
  • ポーズ・ムドラ・バンダなどのヨガ
    (ヨギパタンジャリの八支則も含む)
  • プラーナヤマ(呼吸法)
  • クリヤヨガ
  • 自己降状

グル(師範)からもたらされる一時的な体験など、他にも伝えられていますが、実用的な方法としてはこれで全部だと思います。

 

 

ザックリと簡単に書きましたが。

 

クンダリーニにおいては、
とーーーーーっても奥が深いです。

 

人知を超えた宇宙のエネルギーの源ですから、
十分な知識と理解がないと危険な一面も持っています。

クンダリーニが目覚めたばかりで、自分の力でコントロールできないときはカーリー(殺戮を好む、破壊の女神)に例えられ、
コントロールできるようになるとドゥルガー(闇を破壊する、美しい栄光の女神)に例えられます。

 

これは、すべてにおいて同じだと思うんです。

もし、事故に遭う可能性ばかり考えて車に乗ることをためらっていたら、遠くに行くことも、
そこにある景色を見ることもできないですよね。

まだ見ぬ景色にワクワクしながら【運転をする】という行動を起こしたから、見ることのできる
美しい世界があると思うんですよ。

 

宇宙はつねにわたしたちの進化を全力でサポートしてくれています。

 

ひとりひとりの内なる宇宙・潜在能力を目覚めさせていくことが、これからの時代に向けていま特に強く宇宙に求められているような気がします。

 





タイトルとURLをコピーしました