レッスン時間変更のお知らせと生理中のヨガ

お知らせ

2月1日より 

変更前 1回 60分 → 変更後 1回 70分 

 

今日のレッスンから内容とお時間を変更しています。

これまで特に効果的なポーズだけをプログラムに取り入れていたのですが、ストレッチやポーズの大切さを再認識することがありまして、プラスして取り入れた分お時間も変更いたしました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

大切さに気づいたのは、生理中のヨガの効果だったんです。

日本では生理中のヨガをオススメしているところもありますが、インドでは生理中のヨガは控えるように教えられました。

理由のひとつめは「体に熱がこもりやすいから

ヨガでは熱を作り出して生命エネルギーを上昇させるのですが、

生理でからだの体温がもともと高いところに詰まった通り道ではうまく通りぬけていくことができないということだと思います。

 

ふたつめは「陰のエネルギーの時期だから

ムーンサイクルと呼ばれているように陰(月)と陽(太陽)のバランスが陰に傾いている時期なのですが、これがわたし疑問だったのです。

インドで生理用品がまだなかった頃は生理中の女性はずっと外に出されて垂れ流し状態で、生理が終わるまでは家に入れてもらえなかったとか。

生理中の女性は寺院に立ち入ることができないとか。

もともと生理は邪悪なものという文化を持った国ですから、そういう時に神聖なヨガをしてはいけないという古い文化が根付いているのでは?

と思ったので、その効果を知るべくあえて効果を観察していました。

 

今まではその変化を見ていて、生理痛がひどくなったようにも感じていました。

エネルギーも高く敏感な時期です。

わたしの場合は生理中は胸がざわついて、頭の中に考えが多いスーパーアクティブマインドになり、チカチカしたエネルギーが見えるというか感じるというか、そんな感じで普段より落ち着きがなくなります。

今回の生理中、練習プログラムにポーズを増やしてみるとその歴然の差に大感激!!!

 

胸をざわつかせていたチカチカがスーッと納まって、川のそばにいるときのような穏やかなホームマインドに戻りました。

ポーズとストレッチを軽視していたことに気づき、以前ヨガってなにか知ってる?なんていう記事をかいたのが恥ずかしくなりました。

 

生理中は排卵にエネルギーを使っている分、全身にまわす分のエネルギーが不足して、経絡の流れが滞ってむくみやすかったりもすると思うのですが。

そういうときだからこそ、分かりやすく効果が感じられた!!!

やっぱり、こころとからだは繋がっていますね。

その効果をそのままお伝えしたく、レッスンの内容を変更してポーズを増やしました。

呼吸で気持ちよくプラーナをからだの隅々まで届けていくようにストレッチも増やしました。

お時間が長くなってしまって申し訳ありません。

こころとからだの満足度がUPしましたのでこれからもよろしくお願いいたします♡

 

生理中は控えたほうがいいポーズもあります。

ひとりひとり、そのときの状態もみんな違います。

女性の美しい神秘であるデリケートなときだからこそ
ヨガに限らず
自分の声を聴いて

こころとからだが1番よろこぶことを選んであげてくださいね♡

お知らせ
シェアする
Mami Yuzawaをフォローする
プロフィール
Mami
Mami Yuzawa

ヨガの発祥地インドでヨガを学び、資格取得。
数々のアシュラムに滞在、ヨガ・インドの文化を学ぶ。
ヴィパッサナー瞑想を始め、世界各地で数十種類のメディテーションを体験。
全米ヨガアライアンスRYT200
Mayaaインターナショナルヒーリングスクール サウンドヒーリングコース

Mami Yuzawaをフォローする
Happy Of Life
タイトルとURLをコピーしました